むくみ解消薬ラシックスにはジェネリックがあります!フロセミドなど口コミ評価の高いラシックスジェネリックをご紹介!

ラシックス(利尿剤)とは > ラシックスのジェネリック

利尿剤ラシックスのジェネリック

ラシックスは、1錠あれば気になるむくみをスッキリさせることができる利尿剤です。
モデルや女優さんの口コミから瞬く間に広がり、むくみ改善を目で見て実感できることから人気のむくみ改善薬となっています。

そんなラシックスも今年で販売から30年目。

どんなお薬にも特許期間というものが設けられていて、その期間は一般的に20年となっています。
ということは・・・発売から30年目をむかえ特許が切れたラシックスには、ジェネリック医薬品があるんです。

フロセミド
フレティック
トラセミド
など
※トラセミドはラシックス(フロセミド)の類似薬です。

これらジェネリックの成分は、ラシックスと同じ「フロセミド」です。
なのでラシックスと同じ効果があり、からだにたまる余計な水分を排泄して顔や脚のむくみをスッキリさせてくれます。

>>ラシックスの効果

「成分は同じなのに、価格は安い?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。
そこで今回はラシックスジェネリックの簡単な概要と、「ジェネリックって何?」という疑問を解消していきます。

フロセミドの概要

むくみ解消の目的でラシックスを病院処方してもらうと、保険は適用されません。
つまり自費での診療となってしまい、治療費は高くついてしまうことも・・・。

「たかがむくみ、されどむくみ」

理想のフェイスあるいはボディーラインを求めるのであれば、「高くても良い!」という方もいるかもしれません。
でもやっぱり簡単に購入できて、しかも安いに越したことはないですよね。

そこでラシックスジェネリックである「フロセミド」がオススメです。
成分名がそのまま商品名になっているので少しややこしいですが、ラシックスジェネリックの中で最安値を誇っています。

・ラシックスと変わらぬむくみ改善効果
・もっとも低価格なジェネリック

この2つのことから、ラシックスジェネリックの中でも特に人気が高い商品となっています。

フロセミドの注文はこちら↓
[ラシックスジェネリック]フロセミド(Furosemide)40mg

フレティックの概要

フレティックは、飲む量を調整しやすいラシックスジェネリックです。
錠剤には「割線(かっせん)」と呼ばれる線が入っています。
この線には、2つの意味があります。

・半分に割りやすい
・半分にしても用量が均等になる

半分になっても成分の量が均等になるので、1回40mgのところを1回20mgとして服用することが可能です。
これはコスパを良くするだけでなく、成分のフロセミドが効き過ぎてしまうのを防ぐことにもつながります。

はじめてラシックスを服用した方の中には、「強く効きすぎた」というケースもあります。
なのでラシックス入門として、半分にして服用できるフレティックを選択するのも1つです。

フレティックの注文はこちら↓
[ラシックスジェネリック]フレティック(Furetic)40mg

トラセミドの概要

トラセミドは、ラシックスと同じループ利尿剤です。
利尿作用がとても強く、その強さはラシックスの10~30倍にもなります。

>>ラシックスの作用

ループ利尿剤は効き目が強いだけに、あっという間にむくみが解消されます。
嬉しい効果がある一方で、からだに必要な成分がいっしょに排泄されてしまうこともあり「低カリウム血症」を起こすことがあります。
低カリウム血症とは、からだが活動するために必要なカリウムのバランスが崩れてしまうことで現れます。

・吐き気
・食欲不振
・脱力感
など

低カリウム血症を防ぐために日頃の食事にカリウムが豊富な食べ物を取り入れ、カリウムのバランスをとるのが効果的です。

ところがこのトラセミドはラシックスよりも強い利尿作用があるものの、カリウムを保持する作用もあります。
つまり低カリウム血症が、起こりにくいということです。

・ラシックスよりも強い利尿作用
・低カリウム血症を起こしにくい

しかも効き目が持続する時間も6~8時間とラシックスとほとんど変わりません。
むくみがひどい時に、トラセミドを取り入れてみるのがオススメです。

トラセミドの注文はこちら↓
トラセミド(Tor)10mg

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品と聞いてイメージすることってあると思います。

・安い
・先発薬と同じ効果がある
・質が悪い
・ニセモノ
など

ネット上にはメリット・デメリットともに、さまざまな情報や口コミがありますよね。
そもそもジェネリック医薬品は良いものなのか、悪いものなのか、情報がたくさんあると迷うこともあるはず。
迷って購入したものって結局あとになって後悔したり、なんで買ったんだろうとモヤモヤしますよね・・・
ここで「ジェネリック医薬品ってなに?」を解消し、むくみも気持ちもスッキリしちゃいましょう♪

ジェネリック医薬品の品質と安全性

まずはジェネリック医薬品の気になる品質や安全性の疑問を解消しましょう。

ラシックスのジェネリック医薬品についていくつかご紹介してきましたが、これはどこの国で造られているか知っていますか?

答えは、インドです。

意外かもしれませんが、実はインドは世界に誇るジェネリック医薬品製造国なんです。
なのでラシックスにかぎらず、風邪をひいた時に病院でもらう抗生物質といった"身近な薬"のジェネリック医薬品も製造しています。

品質に関して言えば、日本よりも少し劣るのが正直なところです。
ただ、日本の品質基準はと~っても高いです。
日本と比較してしまえば、インドのみならずアメリカや他の多くの国の薬も品質は低いと言わざるえません。

日本人あるあるですが、薬局にいった時にこんな商品並んでいないですよね?

・箱のラベルが曲がってる(ミスプリント)
・箱が潰れている
など

おそらく・・・絶対に買わないですよね。
むしろクレームの嵐になる可能性も考えられます。

ただインドをはじめ海外では、こういったことには寛容です。
もちろん薬に違う成分が入っていて、まったく効果が得られないといったことはインドでもどこの国でも許されません。
日本人には理解できないけど、海外では当たり前といった部分で品質は少し劣るかも知れません。

一方の安全性に関して言えばインドの製薬会社は薬の製造技術がとっても高く、日本企業もその技術を欲しがるほどです。
「フジカラーで写そう♪」のCMでおなじみの富士フィルムが欲しがったほどです。
品質基準がと~っても高い日本企業が欲しがるほどの技術があるということは、薬の安全性はクリアしています。

また貧困国でまともに医療を受けられない人たちは多くいます。
そういった方を治療する国境なき医師団も、インド製のジェネリック医薬品を使って治療にあたっています。

このようなことからパッケージなどは日本の品質の基準と少し合いませんが、インドジェネリックの安全性は高いと言えるはずです。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品にする1番のメリットは、やっぱり価格です。
薬の種類によっては、その価格を1/10以下にまで下げることが可能なこともあります。
保険が利かない治療であれば、価格のメリットは大きいです。

また、ジェネリック医薬品は飲み方に工夫が凝らされているのもメリットです。
ジェネリック医薬品を製造するにあたり、先発薬と変えても良いことがあるんです。

・薬の形状
・色
・味
など

「1粒が大きくて飲みにくい」「苦くて飲めない」と感じた経験は誰にでもあるはず。
こういった薬の"飲みにくさ"を"飲みやすく"変えることができるのも、ジェネリック医薬品の大きなメリットです。

>>ラシックスの飲み方

ジェネリック医薬品のデメリット

デメリットをあげるとすれば・・・

・届くのに時間がかかる
・ニセモノがある

フロセミドなどのジェネリック医薬品は海外から配送です。
大体、到着までに10~14日前後かかります。

「今日デートなのにむくみが・・・」

こんな時、すぐにフロセミドが欲しいのにスグに買えない。
これは女性にとって、大きな問題になりえます。

ただ、あらかじめ注文し常備しておけば、急な時でも安心のはずです。

>>ラシックスの通販

また残念なことですが、ニセモノを送ってくる悪質な業者もいます。
中身にまったく関係のない成分が入っていたり、お金を払って商品が届かないなんてことも。
最近ではツイッターやインスタなどSNSで転売する人もいるようですが・・・
そもそも個人で薬を販売するのは、売る方も買う方も薬事法に違反するので注意です。

なので安心してフロセミドなどのラシックスジェネリックが購入できる通販サイト選びが大切です。

▲page TOP